プロジェクションマッピングって使える?

結婚式場で使いたい!プロジェクションマッピングの利用方法

最近、様々な演出場面で話題のプロジェクションマッピング。プロジェクター等を使用して、空間や建物などに投影する技術は、お祝いの場である結婚式でも導入されてきています。スクリーンを使用した平面映像とは異なり、立体物に投影することを想定して映像が作成されていることが特徴で、建物ではなく、靴や椅子・置物などのありとあらゆるものへの投影が可能です。結婚式での用途としては、入場場面の演出がスタンダードでしょう。その他に、新郎新婦のお色直しの演出といった利用方法もあるようです。どんなものにも投影可能ですので、可能性は無限大。煌びやかな演出をしたい、インパクトのある独創的な演出をしたい、というご夫婦にはオススメの演出方法ではないでしょうか。

どこでも使えるの?結婚式場の利用できる設備の違い

プロジェクションマッピングはホテルでもチャペルでも導入されてきています。扉や壁面、階段など、色んな場所に投影できるものですので、どこまで対応可能かは結婚式場によるでしょう。基本的には、入場時や神前式での演出、式場に特徴的なオブジェやウエディングケーキなどへの投影、屋外壁面への投影などに利用されています。結婚式での利用費用としては、コンテンツ制作費・出力機材費・オペレーターの3つが必要となり、相場としては10~20万円程度。機材はレンタル業者に依頼することが多く、オペレーターは式場スタッフが担当し、そのためにスタッフでも対応可能な簡単な機材をレンタルすることで費用を抑えることができているようです。しかし、投影部分がそもそも平面であったり、映像がオリジナルでないなどの問題も出ているようですので、しっかりと確認しておく必要があります。