参列者に配慮した選び方

アクセスの良さは大きな負担軽減に

人生最大のイベントのひとつである結婚式。自分たちだけでなく、参列者にとっても笑顔と幸せあふれる日であってほしいですよね。
土地勘のない遠方からの参列者や祖父母など高齢の参列者にとって、式場が新幹線停車駅など主要駅から近いことは大きな負担軽減になります。主要駅から徒歩、または空港から電車1本で行ける距離であれば、式場までの移動で大切な招待客を疲れさせるリスクは少なくなるでしょう。式場へのアクセスが良いと多少遠方からの参列でも日帰りでの出席が可能になるので、仕事が忙しい友人にも喜ばれます。
また、主要駅からシャトルバスを運行している式場やタクシーチケットを用意してくれる式場もありますので、そのあたりのサービスも式場選びの際には確認しておきたいポイントです。

式場スタッフの質をチェック

エントランスで案内をしてくれるスタッフ、クロークで荷物を預かってくれるスタッフ、披露宴会場のスタッフ。彼らの働きぶりや接客態度なども、是非式場を決める前にチェックしておきたいポイントです。
新郎新婦がどれだけ心から参列者をお迎えしても、そこに携わるスタッフの質が悪いと、たちまち結婚式・披露宴全体の印象も悪くなってしまいます。式場ツアーや試食会などに参加して、スタッフの対応力や笑顔で接客できているか等をチェックしましょう。
結婚式・披露宴には友人や同僚、親族のほか職場の上司や恩師を招待する方も多いはずです。どのような関係の参列者にも満足して帰っていただけるよう、新郎新婦とスタッフが一丸となって盛り上げ、また格式を保って進めたいものです。