式場と披露宴会場は同じ?

挙式スタイルによって設備も違う

結婚式場には色々なタイプがあり、場所によって利用できる設備も違います。式場と披露宴会場は同じものではなく、それぞれ違った目的で使われているのも特徴です。式場は神殿や教会など、結婚を神に誓う場所として活用されています。神前式や仏前式、人前式など、挙式スタイルによって設備も様々です。結婚式を専門に行うために作られており、式場の多くは敷地内に披露宴会場も併設されています。ゲストルームがある式場なら、着替えや休憩も気兼ねなくできるので便利です。挙式前後に利用できる、新郎新婦のためのプライベート空間も用意されています。衣装のレンタルや着付けを行っている式場もあり、ヘアセットやメイクまで頼めるのが魅力です。

会場によってコンセプトも異なる

披露宴会場はお披露目の場として、みんなで食事を楽しめます。大画面のスクリーンを備えている会場も多いです。音響やライティングも、演出に合わせて柔軟に対応してもらえます。カラオケも余興には欠かせない設備です。事前にマイクの本数を確認しておけば、大人数の演出もスムーズに行えます。バーカウンターがある会場なら、お酒もさらに美味しく飲めるはずです。会場内にキッズスペースがあると、子供が飽きてしまう心配もありません。手荷物が多い場合には、クロークへ預けておくのが便利です。ホテル内にある会場なら、披露宴が終わった後もすぐに部屋で寛げます。会場によってコンセプトが異なるので、設備の違いにも注目してみて下さい。